茂木和哉で変色してしまったステンレスの戻し方

コメント欄で匿名さんにご質問を頂いた件ですが、画像入りの方が分かりやすいかと思い、急きょアップいたします。

茂木和哉でエンボス加工のシンク天板をこすったら、そこだけ光沢が変化してしまった時の対処法です。

とりあえずこうなる…

実際にエンボス加工の天板に茂木和哉を使用するとどうなるかですが…、

このような天板に茂木和哉を使ってラップでこすってみます。

すると、はい!こうなりました…。

おそらくご質問された匿名さん宅もこれに近い状態になってしまったのではないでしょうか?

一般の奥様方ですと、これを見た瞬間に「ちびまる子ちゃん」のように顔に縦線が入ってしまうのではないかと思いますが、心配はいりません。以下の手順に沿ってやっていただければ傷は相当に目だたなくなります。

それではいってみましょう!

まずは粗掃除

まずは粗っぽく表面を研磨します。使うのは普通のクレンザーで結構です。それを緑色のスコッチ(ナイロンタワシ)でこすります。

その上で水拭きをします。仕上がったのがこの状態…。

これだけでも相当に綺麗になってしまいましたが…、

写真ではよく分かりませんが、実際にはこの部分だけ微妙に色合いが違います。

本格的に磨いていく

ミディアム

ここからはスポンジ研磨剤で徐々に傷を小さくしながら磨いていきます。今回はエンボス加工(表面に凸凹を施した加工)のステンレスですので、凹んだ溝の部分に研磨剤が入らないとなかなかキレイに仕上がりません。

よって最初はこのミディアムから入ります。

こする面はこんなかんじ…、

相当にザラザラしており、こんなのでこすると傷だらけになる…と心配されると思いますが、このザラザラが良いのです…。

実際にこすると

こんな感じで研磨粒子が取れてきますが、これらが凹みの部分に入ってキレイに研磨してくれます。

では実際にやってみましょう。

研磨手順

先ずはクエン酸水をスプレーします。

時間をおかずにそのままミディアムに水を含ませながらこすります。

そして水拭きすると

こんな感じになりました。もうほとんど最初の色合いの違いは感じられません。

ただし、傷が無数に入っておりますから、今度はこれを小さくしながら目立たなくしていきます。

ちょうど手元にスーパーファインを切らしていましたので、今回は左からファイン→ウルトラファイン→マイクロファインの順序で同じく水を含ませながら磨いていきます。

そして終わりましたら水拭き、乾拭きをします。

仕上がった状態がこれ…。

もう傷は見えなくなりましたね。

これだけでも十分ですが、私はここから最後のひと手間を加えました。

仕上げに茂木和哉

もう茂木和哉はこりごり…と思っているかもしれませんが、こする道具を変えればまた違う顔を出してきます。

それでは勇気を出して茂木和哉でこすってみましょう。

ただし使う素材はラップではなく、研磨粒子の入っていない…、もしくは微粒子しか入っていないナイロンタワシを使用して下さい。

そうするとこうなります。

どうですか?最初の変色は跡形も無く消えました。

というわけで、皆さん事故っても恐れることなく頑張って下さいませ。

コメント

  1. 匿名 より:

    わかりやすいブログありがとうございます!
    まさに、ちびまる子ちゃんのように縦線が
    入り、いろんな角度からステンレスを見て
    目立つ?目立たない?と言い聞かせてました
    エンボス加工のデザイン?は違う感じなんですが、ステンレスで、ザラザラしてる感じは
    一緒です。うちのは、そんなに輝いた感じではなくて
    くすんだ感じではあるのですが…
    そして本当に不器用なんで更にひどくならないか不安なんですが…
    でも、チャレンジしてみようと思います!
    削って磨く?みたいなイメージでいいんですかね?
    茂木和哉もちょっと嫌いになりそうでした笑
    ですが、持ち直しました
    あと、クエン酸ですが、以前ブログで書かれていた濃いクエン酸で良いでしょうか?

  2. TETSURO より:

    匿名様

    エンボス加工の天板は色々なデザインがありますから、おそらく匿名さんのお宅は凹み部分が少ないタイプなんではないかと想像しております。なんとなくイメージは湧きます…。

    その場合はミディアムのスポンジ研磨剤の研磨粒子が上手く凹みに入らないかもしれませんので、とりあえず上記の手順で進める際に「クエン酸水+ミディアム」でこすった後に、もう一度だけ「クレンザー+緑のスコッチ」で丁寧に磨いてみて下さい。

    この作業までが上手くいけば、茂木和哉で出来てしまった変色と全体的な光沢の復元がおそらくこの段階で回復できていると思います。

    その上で現状で付いてしまった細かな傷を、より目の細かいスポンジ研磨剤で整えていくといった案配になります。

    ステンレスの場合は、よほど長時間酸性洗剤を付着させて変色させてしまった事故でなければ何とか元に戻すことは出来ますから、恐れずにどんどんチャレンジしてみて下さい。

    最悪の場合、関東近県であれば私がヘルプに行きますので…。

    最後になりましたが、クエン酸水とはご指摘の通り以前このブログでご紹介した濃いクエン酸水です。長時間の漬け置きをするのではなく、今回のようにスプレーしてすぐに作業する場合、このクエン酸水でステンレスが変色することは100%あり得ませんから心配せずに使って下さい。

    • 匿名 より:

      詳しい説明ありがとうございます。
      とりあえずチャレンジしようと
      思います!!
      ちなみに関東在住です
      勝手に心強い気持ちにさせて
      もらいました!
      また困ったらコメントさせていただくかもと
      思いますが、お時間があるときにでも
      ご回答いただければありがたいです

      • TETSURO より:

        匿名様

        肩の力をぬいて頑張ってください。

        また色々と新しい問題が出てくるかもしれませんが、その時にはお気軽にコメント下さいませ。

        今後ともよろしくお願い致します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。