シンクのお掃除(第2段階 サンポール)

酸性洗剤は色々ありますが、私はサンポールを使用します。そうです、トイレの洗剤であるサンポールです。

市販されている洗剤の中ではこれがカルキを落とすのに一番効果的なんです。ですから、表ではあまり皆さん口には出しませんが、私達の仲間であるプロの掃除屋さんはキッチンの水垢落とし、カルキ除去には必ずサンポールをかけて手早く落としてしまうのです。

もちろん、くどいようですがサンポールはステンレスを変色させてしまいます。決して長時間ステンレス上に放置してはいけません。かけたらすぐさま汚れをこすり落としてサッサと水で洗い流してしまうことが肝心です。それも大量の水で洗い流してステンレス上に微塵もサンポールを含んだ水分を残さないようにしなければいけません。

私の場合はサンポールをかけてカルキを落としきったあとは大量の水で洗い流し、その上で水ぶき、最後に乾いたウエス(ぞうきん)で水気を完全に吸い取ってしまいます。ここまでやっておけば安心です。

非常に危険性を伴う方法ではありますが、過剰に恐れることなくチャレンジしてみるとよろしいかと思います。

なお、サンポールをかけてこする時間は1分を限度に考えてください。この短い時間ではシンク全体にかけてこするという作業は不可能です。ですから、水垢の酷い蛇口周りだけをまず攻めてその部分を大量の水で洗い流してから、次の部分に移るというふうにシンク全体を何十ものパートに区切って細切れに仕上げていくのがコツです。

それではやってみましょう。まずはサンポールをスコッチに含ませてステンレスを磨きます。ここで注意しなくてはいけないのは、ステンレスに直接サンポールをかけることを避けるということです。これは他の洗剤でもそうですが、かけた部分だけ強く反応してしまうことを恐れるがゆえです。そして、上記のように細かい部分に集中して少しずつカルキを落とします。

IMG_0727.jpg

このシンクはあまりカルキが酷くなかったので使用しておりませんが、あまりにも状態が酷い場合はサンポールを塗った上でスチールタワシでこすります。また、部分的に強くカルキが付いている箇所は写真のようにスクレーパーやカッターナイフで削ってしまいます。

IMG_0728.jpg

IMG_0729.jpg

このようにしてカルキを落とした後の写真が以下です。サンポール使用前と使用後の写真で比べてみてください。この段階で蛇口の左右にあった変色の後も目立たなくなってきていることにもまた気付かれるのではないでしょうか。

IMG_0731.jpg 作業後

施工前 作業前

IMG_0732.jpg 作業後

IMG_0723.jpg 作業前

IMG_0730.jpg 作業後

IMG_0724.jpg 作業前

前回と同様に劇的な変化は起きておりませんが、着実に汚れが落ちていっているのが確認出来るかと思います。この一歩ずつ一歩ずつ進めていくことが大切なのです。

最後になりましたが、

1.サンポール使用時は必ずゴム手袋をすること!(私はこの仕事が長いため手の皮が厚くなってしまったのでサンポールごときでは大丈夫なだけです。)

2.決してサンポールを1分以上ステンレスにつけないこと!

3.大量の水で洗い流すこと。

4.最後はから拭きまでして水気を完全にシャットアウトすること。

これだけは必ず守ってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする