ワンコインアク洗い

「アク洗い」という言葉は耳にしたことがありますでしょうか?

最近は和室が少なくなってきたのであまり重要視されませんが、昔の家には木材が多く使われており、当然のことながら時間と共にそれらの木部は黒く変色してくるのですが、それを白く戻す技術なのです。

世間には多くのお掃除のマニュアルが出されていますが、この「アク洗い」にまで言及しているものは皆無かと思います。

ゆえにキレイ好きな奥様のお宅に御伺いしますと、

「この木の部分だけどうにもならないのよね…。何とかならない?」

なんて聞かれるのです…。

「新品みたいに戻せますよ。」

「えっ!?うそ!いくらでやってくれるの?」

「○○○○○円です。」

「…。」

これで大体お話は終わっちゃうんですが、皆さんなんとかキレイにしたいんですよね…。お気持ちはお察しいたします。

ただ、アク洗いは結構技術がいるもので、必然的に高くなってしまうのですよ…。私がやれば…。

けど、キレイにしたい…。

そんな奥様方の為に先日少しばかり実験してみました。

例のごとくホームセンターで買えるものだけでのアク洗いです。

使用した洗剤

使用したのはたったこれだけ

ワイドハイタ―EXを3分の1ほど、粉末の酸素系漂白剤を少々、お風呂のなまはげを10分の1ほど…。

総額は500円に満たない程度…。(残った分は、本来のお洗濯やお風呂のお掃除に使って下さいね。)

これで6畳間の木部を洗っちゃいました。

Before and After

ワンコインだからこんなものかな…。けど、ご家庭での仕事としてはなかなかいけてるんじゃないかと思うのですよね…。

皆様からのご希望があれば作業方法はアップします。

ご希望が無ければ面倒くさいからこれにておしまい…。

ところで、この現場はしっかりお代を頂戴しますので、この後本領を発揮して専用洗剤を駆使して仕上げました。

それがこれ

この部分もこんな感じに…。

綺麗な赤味も出して、自然な風合いが出ましたでしょ?

ワンコインの100倍は頂きますから当たり前と言えば当たり前なのですが…。

興味があればお知らせください。

奥様にでも出来る市販洗剤での方法を詳しくアップさせて頂きます。

追記  ねこ仙人さんと、ツイッターにてわか先生からご要望がありましたので、手順については後日詳しくアップさせて頂きます。

明日から

この築60年の門を洗いに行ってきます。人間で言えば還暦過ぎた木材なんで結構大変かも…。こういうのに比べたら和室の木部なんてのは簡単な部類なんで、興味のある奥様方は期待していてくださいね。

9/14追記

任務完了!

上の写真の門がこうなりました。あと倍の時間があればもっとキレイになったはずなんですが…、それは次回以降の宿題ということで…。

一人で2日半で仕上げるには少し無理があったかも…。

9/17追記

①アク洗い時のアルカリが強すぎるとこのように表面が毛羽立ちます。

表面の白っぽく粉をふいたようなのがそれです。こうなってしまうと後程サンダーで表面を削ってあげないといけなくなります。

②また、アルカリでアクを洗い流した後に酸でリンスしてあげるわけですが、これが甘いと後日シミが浮き上がってきたりします。作業直後は全く分かりませんが、2年もすると雨があたったりする箇所はこういった状態になることもあります。

これもまたサラッと洗ってあげれば落ちるんですが、できればこういったことは無い方が良いですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ねこ仙人 より:

    こんばんは

    白木は未知の領域で、私は全く知識がありません(;^_^A
    それにしても
    こんだけキレイになるんですね〜
    凄いです!
    次も
    期待しています 笑

    • TETSURO より:

      ねこ仙人さんへ

      早速の反応ありがとうございます。

      調子にのって後日詳しく書いてみますね。

      アク洗いは需要自体があまりないので手がける機会も少ないですが、やると結構面白いんですよ。

      素材が素材ですから凄くデリケートで、薬剤の濃さを少ししくじったくらいでボロボロになってしまいますし、理想の色合いを出すのにも試行錯誤だったりで…。

      でもピッシと仕上がった時は快感ですし、木の香りまでも甦った時はうっとりしてしまいますね…。「いい仕事したなぁ~♡」なんて…。

      市販洗剤だけだとそこまでいかないかもしれませんが、やるのとやらないのとでは大きく印象が変わってくるとは思います。

      後日アク洗いのカテゴリーを設けて色々書いてみますね。

      ちなみに明日からガチのアク洗いに泊りがけで行ってきます。(^^)

  2. ねこ仙人 より:

    ガチのアク洗い´д` ;
    なんか、凄そうですね
    やっぱり
    フッ化アンモとかを使うんですか?

    和室の押し入れのカビ跡なんかも
    落ちたりするもんですかね?

    凄い、期待して(正座して)待ちます 笑

    • TETSURO より:

      ねこ仙人さんへ

      地震の方は大丈夫でしたでしょうか?

      お寺の門のアク洗いの方は極めてオーソドックスに過酸化水素と水酸化ナトリウムの混合液を使用する業務用のアク洗い用洗剤を主に使うつもりです。

      たぶんこの築年数だと相当に表面が荒れていると思うので、サンダーがけを番手を細かく変えながら丁寧に行い(おそらく本日はやすりがけだけで終わってしまうような気がします…。)、順序は通常とは逆になるかもしれませんが先にカビの除去から入って、その後に過酸化水素でアクを抜きつつ色を調整していくアプローチを考えております。

      カビに関しては茂木さんの洗剤で「バスフレッシュ」というのがあるのですが、中性ですので木肌が荒れずなかなか使い勝手は良いです。今回の作業にも使用する予定です。(押入れのカビの跡がどういった状態かは分かりませんが、バスフレッシュでいけるかもしれませんね…。ただ、濃度によっては色気が変化するかもしれませんが…。)

      今回の作業では上記「バスフレッシュ」も使用しますが、もう一つ茂木さんの洗剤を工程の中に実験的に入れてみる予定です。

      上手くいけばアク洗いも、もっと身近なものになるかもしれませんね。

  3. ねこ仙人 より:

    あ!追記されてますね!
    こんばんは
    木って、あんなのが キレイ✨になっちゃうんですね〜(;^_^A

    ちなみに
    お風呂のなまはげって、
    酸性洗剤ですか?
    木部の洗浄には、酸性洗剤なのでしょうか?
    重曹のアク抜きとかとは、また意味合いが、違うのでしょうか?
    無知で、すみません´д` ;

  4. TETSURO より:

    おはようございます。

    私は料理はしないので的が外れているかもしれませんが、重曹によるアク抜きってアクの強い山菜とかの事前の処理のことですよね…。

    であれば、原理は同じだと思います。

    木部のアク洗いの場合、第一段階としてアルカリ性の薬剤でアクを出して洗い流します。その後に第二段階として酸性の薬剤で中和と色合いの調整をはかります。

    アク洗いの薬剤としてスタンダードなミヤキのアクロンで説明すると第1段階の薬剤は過酸化水素と水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)の混合液です。これであらかたアクを洗い流した上で、第2段階としてフッ化水素を使います。

    実際にやってみると分かりやすいのですが、第1段階のアルカリ性の薬剤を塗布すると木の肌の細胞が開きます。(あくまで感覚的なものなのですが…。)アルカリの濃度が強ければ強いほどこれが過激になり、汚れは落ちやすくなるのですが一方で表面はガサガサのボロボロになるんですね…。先程アップした9/17追記の①の写真がそれなんです。

    一方で酸性の薬剤を木に塗布すると肌の細胞はキュッと引き締まるんです。(これもまた感覚的なものなんですが…。)ですから、なるだけアルカリを弱く弱くしながら、かつ汚れを効率よく落とすという考え方でアプローチしていくことが大事になってくると私は思っています。

    次に中和の必要性なのですが、木は他の住宅設備と違って水分をおもいっきり吸い込んでしまいますから、時間の経過とともにその時の作業の影響が出てきてしまいます。写真②はまさにそれで、前回の作業は2年前だったのですが、酸でリンスする工程を適当にやってしまった箇所なんですね…。それが1年半くらい経ったころから徐々に染みが顔を出してきまして、2年でこのようになってしまった…というわけなんです。

    ただ、これは風雨に直接さらされる箇所ですので2年でこうなりましたが、室内である和室の木部でしたら、ここまではならないと思います…。一応、念の為和室の木部にも酸性の洗剤でリンスしてあげるように私はしております。

    長くなってしまったので、続きは仕事から帰ってきてから夜にでも書きますね。

  5. TETSURO より:

    つづきです…。

    アク洗いに限らずどんな掃除にも当てはまるとは思うのですが、アク洗いにおいてもメインの汚れを落とすことにどうしても神経がいってしまい、それが落ちるとホッとしてその他の作業を省いてしまったり、おろそかにしてしまったりしがちなんですが、それらの細かな作業をしたかしないかによって作業後の仕上がりは全くの別物になってしまうようです。(作業終了直後でも微妙な違いがあるわけですので、そこから年月を経ると相当の違いが出てきてしまいます。)

    特に木の場合はそれが端的で、①事前のやすりがけ ②酸によるリンス ③保護材の塗布 この三つをしっかり手がけるか否かが見栄えの違いに繋がってくると思います。

    今回の「お風呂のなまはげ」の使用はこの②にあたるのですが、私が知り得る限りでは②の工程には前掲の「フッ化水素」、「クエン酸」「リン酸」「硝酸」あたりが使用されるようです。私は「リン酸」が一番自分の手にあっているかな?と思っているのですが…。

    市販洗剤でこれらが含まれているもの…、と考えた時「お風呂のなまはげ」が「クエン酸」「リン酸」を含んでいますので、迷わず使用した次第です。

    ただ前回のコメントにも少し触れましたが、酸で洗う工程は後日その効果が出てくる性格であり、その場では殆ど変化が見られません。(何となく木が引き締まったかな?くらいです。)

    が!、やはりやっておくと仕上がりの印象は「アマチュアとプロが手がけた作品」ほどの違いは出てくると思います。

    同業者のねこ仙人さんにはこの微妙な表現は伝わりますよね…。

  6. 猫のタマちゃん より:

    ネット検索していてこちらに行き着きました。賃貸マンションの和室の木をなんとかしたいのですが、記事にあった酸性漂白剤とワイドハイターEXはどれくらいの量を混ぜれば良いのか教えていただけないでしょうか。お風呂のなまはげは単独で作業2として塗布したら良いということでしょうか。お手数ですがご回答いただければ幸いです。

    • TETSURO より:

      猫のタマちゃんさんへ

      コメントありがとうございます。一つだけ質問させて頂きたいのですが、タマちゃんさんは同業者(ハウスクリーニング業者)でしょうか?もしそうであれば、無理に市販商品で作業するよりもアク洗い専門の薬品を使用した方が断然楽だと思います。

      そうでは無く一般の家庭の奥様でしたら、専門の薬品は基本的に手に入りませんし、危険も伴いますので記事に紹介したような市販製品で作業すると良いのではないかと思います。

      その上で使用量等ですが、現在のタマちゃんさんのお宅の木部の汚れ方によって微妙に濃さも調整していかなくてはいけないと思います。もし御迷惑でなければ、上記コメント投稿時に打ち込んでいただいたアドレスに私の方からメールを送らせて頂きますので、そのメールアドレスにタマちゃんさんの自宅の木部の写真を添付して送り返していただけないでしょうか。

      それを見ながら水〇リットルに対して過炭酸ナトリウム〇〇グラム…、といった具体的な処方を送らせて頂けたらと思います。

      とりあえずメールを送らせて頂いてもOKか否かだけ教えていただけますでしょうか。

  7. 猫のタマちゃん より:

    TETSUROさま
    早々にご連絡いただきありがとうございます!
    ふつうの主婦で最近あく洗いというものを知った者です。もちろん?薬剤などの知識も全然ないので、ぜひ配合などご教示いただけると幸いです。
    メールでご連絡くださいましたら対象の場所の写真をお送りしたいと思います。
    よろしくお願いいたします。

    • TETSURO より:

      タマちゃんさんへ

      ただいまメール送信いたしました。もしお手元に届いてなければ、お手数ですがその旨お知らせくださいませ。

  8. もずく より:

    はじめまして。
    和室の木をキレイにしたいと考えており、灰汁洗いについて調べていました。
    市販の製品でもできると知り、驚きました。
    配合を教えていただけないでしょうか?
    あとおふろのなまはげという商品は初めて見たのですが、同じような商品は他にもありますか?

    • TETSURO より:

      もずく様

      お返事が遅くなり申し訳ありません。上記のタマちゃんさんと同様にもずくさんの手掛ける箇所の写真を送って頂いた上で、それに見合ったアドバイスをさせて頂けると助かります。

      ご迷惑でなければコメント投稿時に記載いただいたアドレスにこちらの連絡先をお送りしたく思いますが、よろしいでしょうか?