お風呂のお掃除(スケール除去 その2)

まず先にお詫びをしておかなくてはなりません。

前回の記事の最後に「瞬間水あかクリーナー」を鏡に塗りこんだ後、「茂木和哉」で仕上げた動画を貼りつけましたが、「瞬間水あかクリーナー」は劇物扱いの薬剤(毒物劇物取扱の登録を受けた者にしか販売が許されない薬剤)ではありませんが、その成分上を鑑みて「一般エンドユーザーに販売するにはリスクが高すぎる。」と製造者の茂木さんが判断して「あくまで清掃業者のみへの販売。」と自主規制して販売されているものなのです。

つまり、清掃業者ならば誰でも手に出来る商品ではありますが、今日から掃除屋さんになった人もいれば、既製品の洗剤をそのまま使用せずに原料を巧みに調合しながら自分好みの洗剤を作って現場に入るツワモノも相入り乱れているのがこの清掃業界でありまして…。

あの動画を見て軽はずみに使用して事故を起こす掃除屋さんが出たり、「清掃業者じゃないけど売ってくれない?」なんて交渉してくるエンドユーザーへの対処をしなくてはいけなくなる可能性もまたあるのです…。

そこまでの配慮をせず動画をアップしてしまったことは大変に軽率であり、心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。

サンポール・クエン酸で落とせないスケール

先日の記事で、市販されている洗剤でスケール除去の効果が期待できるのはサンポールとクエン酸くらいではないかと申し上げました。

そして時間さえかければ何とかそれらでキレイになることもお伝えしました。

ただし、相当に時間がかかる作業でもあり現実的ではないかな?(という気持ちも個人的には抱いております…。)

もちろんプロの掃除屋さんにお願いすれば、それ相応の強い薬品を使って短時間で落として行ってしまうわけですが…。

ただ、このブログのテーマは「家庭の奥様でも市販の洗剤で落とせる掃除方法のご紹介。」といったものですので、あくまでも市販洗剤の範囲で今後も考えていきたいと思っております。

前置きが長くなってしまいましたが、サンポールやクエン酸水では落とせないスケール汚れは以下の2つになるかと思います。

1.鏡や陶器に付着したスケール

2.上記以外の所に付着した異常に厚くなりすぎたスケール(先日の動画の床に残った茶色いのがまさにそれです。)

1に関しては茂木さんが詳しく説明して下さっているので、それを読んでいただいたほうが早いと思います。

今お使いのお風呂洗剤で落ちない汚れ、それは水あかです!

なぜシリカスケールはガンコなのか?

2に関しては1のような性格は無いものの、サンポールやクエン酸をかけて溶け出すスケールの量などはたかがしれているもので、結局は相当量を物理的に削らなくてはならないのです。(素材に傷をつけないように…、これが意外と難しいわけです。)

ですから意地になって削って素材をえぐってしまったり傷だらけにするよりは、危険の無い範囲で落とせるところは落として、それ以上は…

諦める

これが一番です!

というのは冗談で、そういった落とせないほど分厚くなってしまったスケールが出てきましたら、とりあえず一回プロの手によってリセットし、そのうえで今後はそこまでのスケールが付かないように日々のお手入れ方法を考えていくのが御自宅をいつまでも新品同様に維持するコツではないかと思います。

一旦リセットしてしまえば市販製品でどうにでもなりますから…。

とは言ったものの…

実は今までの工程

お風呂のお掃除(粗掃除・洗剤塗布)

お風呂のお掃除(湯垢落とし)

を、もし素直にやって下さった奥様方は気づかれたかと思います。

「あれ?スケール落ちてんじゃないの?」

って…。そうなんです、実は上記で特別に書かせて頂いたガンコなスケール以外は今までの工程である程度落ちちゃうんですよ、実は…。もしそれでも取りきれないものは再度クエン酸水とバスマジックリンをスプレーしてあげて同じことを繰り返すと、本当にキッツイ汚れ以外はいけちゃうんです。

そして1の汚れに関しては「茂木和哉」で対応できます。

ってことは、お掃除屋さんを呼ばなくてはいけないご家庭は相当に厄介な設備をお持ちの方か、もう手におえないくらいの状態になってしまった方かのどちらかでしょうから、まぁ殆どいらっしゃらないのではないでしょうか。

ということですから、ぜひ騙されたと思ってやってみてください。

次回はスケール除去剤の種類についてお話してみたいなと思ってます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。