不動産会社様へ

不動産会社の皆様へ

賃貸営業は勿論のこと、売買においても物件の美観というのは入居申し込みや買い付けに大きく影響する問題かと思います。

せっかくお客様を御案内したのに…。

ようやくオープンハウスにお客様が来て下さったのに…。

物件の美しさを存分にアピールできていないがゆえに逃してしまった経験はありませんでしょうか?

当方は不動産営業(賃貸、売買とも)を経験した上で20年以上クリーニングを続けております。

お客様に美しさをアピールするハウスクリーニング、入居申し込み、買い付けが入るクリーニング。これを常に目指しております。

ご興味がありましたら、お気軽にご一報くださいませ。

ご質問・お問い合わせはこちらまで

その汚れまだ落ちますよ!

以下は退去時のクリーニング済みのお部屋です。

新しい御入居様が申込みされたのは良いのですが、「もう少し綺麗にならないのか?」との申し入れがあり、作業したクリーニング業者に尋ねたところ、「これ以上は落ちません!」と言い切られ、困って私のところに相談が持ち込まれました。

よくある話ではありますが、クリーニングの限界点というのは日々進歩しております。

この程度のものであれば難なく落とせます。

「もう少し何とかならないものか…。」

とお考えの不動産会社様はご遠慮なく当方にご相談ください。

お風呂の鏡です。白いスケール汚れがまだまだ残っております。

スケールは完全に除去しました。

トイレのカラン部分です。こちらにもスケールが付いたままですね…。

こちらもスケールは除去しました。(根元の変色は過去に塩酸等で焼けてしまった跡ですので、これだけは戻せません。)

キッチン換気扇フィルターのアルカリ焼けです。(強アルカリ洗剤で油落としした為に変色を起こしてしまったようです。)

このように新品同様に復元いたしました。

バルコニー腰壁にはめられたガラスです。片ガラスの凹凸部分に洗剤が焼き付いてしまったようです。

こちらも難なく戻しておきました。

お風呂の壁に洗剤の垂れ染みが付いています。これは湯垢を完全に除去できていないがゆえです。こればかりは先の業者への同情の余地は無いと言わざるを得ません。

一から作業をし直して湯垢の完全除去をしました。

一見キレイに見える洗面台ですが、私から言わせれば「もっと光ってるのが当たり前!」としか呼べない代物です。うっすらとシリカスケールのコーティングをされたような状態になっていました。

シリカスケールの完全除去をして新築時の輝きを復元致しました。

上記拡大写真です。縁が輝いているのがお分かりになるでしょうか?

上記洗面の蛇口です。水栓金具は磨けば光るのですから、もっと輝かせなくてはなりません。

磨けばこのように光出します。

バスタブの縁です。ここにまだスケール跡が残っております。ただし、この部分は傷つきやすい素材であるがゆえ、それを恐れてスケールを残したままにしたのかもしれません。これはこれで賢い選択ではありますが今の技術であれば以下のように復元できます。

研磨は一切しておりません。洗浄剤だけでの仕上げです。