トイレのお掃除 どこまでキレイになるのか試してみよう!

さて本格的にトイレ掃除を手掛ける前に、まずはこれからご紹介する方法がどこまで奥様方の予想を超えているのか…。

それを実際に体験して頂きたく思います。

お掃除箇所は上記アイキャッチ画像のような手洗いのボウル部分です。ただし、ボウル部分がプラスチックで出来ているものや、

タンク上部に手洗い部分が無く、別個に洗面台が付いているお宅に於いては便器本体(陶器のものに限る)において作業してみて下さい。

これから紹介する方法をプラスチックでやると傷だらけになります…。ただし、陶器においてはカルチャーショックを受けるほどの仕上がりになるはずです。

なお、写真が不足しているため色々な現場の写真の寄せ集めになっていますが気にしないでください。

まずは粗掃除

まずはボウル部分にサンポールを少量塗りこんで30分ほど放置します。

この時に水栓金具にはサンポールがかからないように気を付けて下さい。

その上で緑もしくは茶色のスコッチ(ナイロンタワシのことです。スコッチとは3Mの商品名です。)でこすりながら洗い流します。

これであらかた汚れは取れたはずなので、次に「茂木和哉」を少量たらし、その上からサンポールを数滴たらします。

その上でサランラップで力を入れてこすります。

ある程度抵抗が無くなってきたら水拭きして乾拭きしてみて下さい。

いまこすったところだけ新品の輝きを取り戻したはずです。

これを陶器部分全体に施した場合、

こんなボウルが

こうなってしまうのです…。

今回はデモンストレーションですので、全体をこする必要はありませんから、1CM四方の一部分でも良いですからやってみて下さい。

新品のトイレってこんなにキレイだったんだ…、と感慨深く見とれてしまう事でしょう。

その輝きがトイレ全体に及べば…。

これ以上説明することはないですよね。

とりあえずドラッグストアーに走って「茂木和哉」とサンポールを買ってきてください。絶対に損はさせませんよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。