シンクのお掃除(第3段階 ナイロンタワシ 耐水ペーパー)

前回までで油汚れ等のアルカリ性洗剤で落とせる汚れと、
水垢、カルキ等の酸性洗剤で落とす汚れの殆どを
落としました。

洗剤の力で落とせるのはここまでと思って良いかと思います。

それではもう一度前回の仕上がり具合の確認をしてみます。

IMG_0738.jpg

天板の上には小さな無数のキズが・・・、

シンクの中にはモヤモヤっとしたくすみが確認出来るかと
思います。

これらをこの後は落としてまいります。

まずは前回紹介しました茶色のスコッチ(ナイロンタワシの事です。)を
水に浸けながら磨いていきます。

IMG_0739.jpg

次に一段階目の細かい緑のスッコチで同じように磨いていきます。

IMG_0740.jpg

更に目の細かいグレーのスコッチで同じように磨いていきます。
この段階で上の緑のスッコチが写っている写真の天板のキズと
比べてみて下さい。キズが小さく目立たなくなってきているのが
ご理解出来るかと思います。

IMG_0741.jpg

このナイロンタワシでの作業が一通り済みましたところで、
私は2000番の耐水ペーパーで一度磨いてみたりします。
これによって更にキズが細かくなっていくと共に、
シンクのモヤモヤもかなり消えていきます。

この場合、最初は新品の耐水ペーパーを使用し、
次に使い古した耐水ペーパーを使うと更に
キズが目立たなくなりよろしいかと思います。

IMG_0886.jpg

写真は左から順に、ほぼ新品のペーパー、
真ん中は数十回使用したペーパー、
右端は使い込んで殆ど研磨力の無くなったペーパーです。

これを左から順に使っていくのです。

ペーパーだけでそのままこすると指の当たっている部分だけ
強く研磨されてしまいますので、私はこのようにしています。

IMG_0887.jpg

IMG_0888.jpg

スポンジ研磨剤を耐水ペーパーでくるんでこすってます。

この現場での耐水ペーパー使用後の写真を撮っていなかったので、本日の現場の写真を代用で掲載します。

ここまでの作業をしますと、このようなステンレスが、

IMG_0870.jpg

IMG_0873.jpg

IMG_0876.jpg

ここまでになります。

IMG_0898.jpg

IMG_0899.jpg

IMG_0900.jpg

更に続く・・・。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。