こんなことでもガラスは割れます…。

ガラス清掃をする際に「ガラスを丸洗いすると綺麗で早い!」というネット情報を鵜呑みにして実際に洗っちゃおうと思っている奥様!

少し待ってください。

上記写真のような防火ガラス(ワイヤー入りガラス)の場合、不用意に水(お湯)をかけると音もなくスッーとヒビが入って割れてしまいますよ。

丸洗いすること自体は決して間違いではありませんし、私も小さな窓は出来るだけ外して丸洗いしちゃいます。

要はぶっかける水の温度をその場のシチュエーションに応じて使い分けなければならないのです。

寒い冬場はお湯で洗っちゃ絶対ダメ!

今の時期のように寒いときはガラスも冷え切っています。当然のことながら中のワイヤーも冷え切っているわけですが、

ここにお湯をかけるとガラスもワイヤーも熱により膨張します。

ところが、ガラスとワイヤーの膨張率は違うのです。ガラスよりもワイヤーのほうがより膨れます。つまり、ガラスの内部で膨張しすぎたワイヤーがガラスに圧力を中からかけ、結果としてガラスがどんどんひび割れていくのです。

したがいまして寒い冬の日に防火ガラスを丸洗いするならば必ず水を使用してください。寒いからといって横着してお湯で洗ったりしてはダメですよ。

普通のガラスでも状況次第で割れる

上記は事故の起きやすい防火ガラスに関しての注意でしたが、実は素通しのガラス(ごく普通のガラス)でも寒い冬場は丸洗い時に「ピシッ!」と割れることがあるんです。

これは瞬時に温度差をかけることによって発生します。

事例としては良く晴れた寒い日に窓を丸洗いしようと一旦外して日なたに置いとくとしますね。

そこにお日様がサンサンと照らしてサッシガラス自体が温められてきます…。

さてガラスを洗うか…、とキンキンに冷えた水道水をガラスにかけた途端…、

「ピシッ!」

という嫌な音とともにガラスにヒビが入ることがあるんです。

ちょくちょく起きる事故ではないのですが条件が重なってしまうと簡単に割れてしまいますから、ガラスを洗う時は一応気を付けてくださいね。

コメント

  1. maki より:

    防火ガラス(網入り)、金属とガラスの膨張率が違うというの貴重な情報ですね。
    知人の建設会社社長さんも、夏の日に、窓際に、黒いTシャツを干して置いてだけで
    網入りガラスは割れますよと、おっしゃってました。
    我が家も、テラスの窓が、原因不明(多分大嵐で、小石がぶつかったのか)ひび割れが入ってしまい網なしの耐熱強化ガラスに交換しました。

    ガラス交換結構お金かかりますから、気をつけないといけませんねー

    • TETSURO より:

      makiさんへ

      先日は大変にお世話になりました。

      おかげさまで私の方も色々とデーターが取れ、勉強になりました。

      黒いTシャツでも影響があるのですね。一時ガラスに車のようなフィルムを貼ることが流行った時期がありましたが、その時も防火ガラスには色付きの物は張るべきではないという注意を当時聞いた覚えがあります。

      理由は同じく「熱を集めてしまうから…。」というものだったと記憶しています。

      見た目と違って結構繊細なガラスなんですよね…。

  2. maki より:

    前のコメント、誤入力しちゃいました。網入りガラスのそばに「黒いTシャツをぶら下げて干しておいただけで」です。熱を吸収しちゃったんでしょうね。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。